かぜ症候群

「かぜ(風邪・カゼ)」に明確な定義はありませんが、一般的には、のどや鼻などに「かぜ症状」をおこす疾患のことを指します。

「かぜ」の症状は、鼻汁・鼻閉・くしゃみ・咽頭痛・咳・痰といったのどから鼻にかけての多様な症状が中心です。

かぜの原因は80~90%がウイルスで、単一のウイルスではなく、さまざまなウイルスによって引き起こされます。そして、かぜの多くは無治療でも自然に軽快します。

また、冬場に「かぜ症状」を起こす病気に「インフルエンザ」がありますが、「インフルエンザ」はのどや鼻などの上気道の症状だけでなく,高熱や筋肉痛や関節痛などの全身症状を引き起こし、一般的な風邪より症状が重く体力の消耗につながりやすい病気ですので、「かぜ」とは区別して扱います。

インフルエンザを含めたかぜ症状で当院を受診された方について、1年間の来院状況をこちらからご覧いただけます。
かぜ症状の季節変動


かぜの原因

「かぜ」はのどや鼻などの上気道に微生物に感染することによって起こります。
原因となる微生物は80~90%が「ウイルス」です。細菌が原因になる場合もありますが頻度は多くありません。また、アレルギーなどの非感染性の「かぜ様症状」の場合もあります。
そのため、抗菌薬(抗生物質・抗生剤)は「かぜ」に対する治療効果は乏しく濫用は避けるべき、と考えられています。

「かぜ」の原因ウイルスの数は200種類以上といわれており、どのウイルスが原因で起こったのかを特定することは困難です、また大部分は無治療でも自然に軽快するため原因ウイルスの特定が必要とされるケースもほとんどありません。
ウイルスは年々変異しており、一度感染したことのある種類のウイルスであっても再度感染するため「かぜ」には繰り返しかかります。
いくつかの調査によると、成人では年間2-6回「かぜ」にかかるという報告がでています。


かぜの原因となる主なウイルス

ライノウイルス
「かぜ」の原因の約30~40%を占めます。春や秋に多く、主に鼻風邪の症状を引き起こします。
コロナウイルス
ライノウイルスの次に多く、「かぜ」の原因の10~15%を占めます。主に冬に流行し、鼻やのどの症状を引き起こします。
RSウイルス
主に冬に流行します。乳幼児に感染しますと気管支炎や肺炎を起こす場合があります。
パラインフルエンザウイルス
秋に流行する型と春から夏に流行する型があります。主にのどや鼻の症状を引き起こします。小児のクループの原因になります。
アデノウイルス
冬から夏にかけて発生します。多くの型があり多様な症状を起こします、プール熱(咽頭結膜熱)の原因ウイルスでもあります。
エンテロウイルス
夏に流行します。多くの型があり、「かぜ症状」のほか下痢などのウイルス性胃腸炎の原因にもなります。

かぜの治療

かぜは大半がウイルス感染によって引き起こされるため抗菌剤は有効でないとされ、対症療法が中心となります。

安静にして、保温して、十分な栄養摂取を心がけましょう。